親権者をだれにするか?

未成年の子どもがいる場合,離婚をするためには,親権者を父母のどちらにするかを決めなければなりません。

 

それは,離婚をした場合,未成年の子どもは父母のどちらか一方の単独親権となるからです。離婚だけを先に行って,子どもの親権者を後で決めることはできません。

  IMG_1463.jpg

どちらを親権者にするか夫婦間で話がまとまらない場合は,調停や裁判によって親権者を決定します。このとき注意することは,一度どちらが親権を持つかを離婚届に記入してしまうと,そのまま戸籍に記載されてしまうということです。


その後に親権者を変更する場合には,家庭裁判所に申し立てを行った上で,申立が認められればならず,簡単にできるものではありません。そのため,親権者はよく考えて慎重に決定することが必要です。

大切なことは,子どもの生活・福祉を考えて決めるということです。


「子どもが安定した生活環境で過ごすためには,どのようにすれば子どもにとって良いのだろうか。」ということをしっかりと考えて決めましょう。


親のエゴや離婚の際の意地の張り合いで決めるものではないということは,十分考えておいてください。
 

まずはお気軽にお電話下さい!

ImgTop8.jpg

どんな些細なお悩みでもお伺い致します。お気軽にご相談下さい!
※お電話での法律相談は行っておりません。お電話はご予約のみとさせて頂いておりますので、予めご了承下さい。
●初めての方へ ●ご相談の流れ ●弁護士紹介
弁護士費用 ●事務所紹介 ●アクセスマップ
028-688-7481│相談のご予約はこちらお気に入りに追加する教育費の未払い問題相談表ダウンロードmailsoudan.png

Contents menu

Access map アクセスはこちら
当事務所の運営サイト宇都宮の弁護士による女性の為の離婚相談c25_logo_1.gif